読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地ビールが割引不要の納得価格♪アルコールクラフトの評価~!

アルコール度数が若干高いので!一本でも良い感じで酔えるビールです。今年は河口湖に行く用事などあるはずもなく!オンライン購入を検討するも!「去年だけの恋かも」と躊躇。最高ですな。

下記の商品です♪

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

地ビール アルコール クラフト【地ビール】◆同一配送先なら2セットご購入で送料264円!◆アルコール度数8%の長期熟成クラフトビール富士桜高原麦酒さくらボック4本セット」

詳しくはこちら b y 楽 天

また飲んでみたいなと思わせる不思議な感覚なビールでした。さくらボックは初めてですが!バレンタインやクリスマス限定のモノも購入させていただき!とても美味しく頂きました。日本人が作った日本人に合うDoppel bock。ではなくて!無骨さから洗練への再発明と言って良いと思います。昨年たまたま訪れたビアバーで一目(味?)惚れ。モッタリとはしていなくて…淡い適度な苦味と!ふわりと口の中に広がる香りのバランスがいい感じです。夫に購入しました。山梨名物? 馬刺しとかでもいいかも?寝かせたらまた楽しませてくれそうな感じです4年程ドイツに駐在してさんざんDoppel Bockは飲んだけれども、これは本場の味を超えてます。結果はまあまあ正解かな(私的には)。今年は8本あるので、たくさん楽しめそうです。キンキンに冷えたビールしか知らない方には衝撃的!感動の味だと!会社の同僚から一言頂き思わずガッツポーズをしてしまいました。そして一目ぼれの恋は本物であったと実感。顔を真っ赤にしながら(私は顔色変わらず)、二人で「美味しいね〜」と言い合いました。期待を裏切らないパンチだけど!でしゃばりすぎずさりげなく。美味しかったです。ラベルも春らしくてグッド♪昨年!初めて飲んださくらボック。まずは便乗・同梱のレギュラー三種について友人の賞賛を我が事のように誇らしく思い!自慢げにうんちく垂れてから!おもむろに「期間限定」をもったいぶりつつ振舞えば・・・。また!来年の春に是非飲みたいです。あまりの美味しさに感激して、昨年もリピートしいました。一番最初に感じたのは「あ♪春みたいな…甘い花の様な香りがするっ♪」でした。私は飲めないので残念ながら匂いだけですが、ふわっと深い香りがしていました。さくらボックが、3年連続金賞を受賞したのが分かるような気がします。今まで飲めなかったビール。しっかりした飲み応えでした。結局、送料をセーブするために8本も買っちゃいました。まずは最初の1本を!父と分け合って飲みました。断食中に「液体のパン」として修道士達が大事にいただいていたビール・・・。甘い香りと深い味わいが癖になるストロングビールでした。富士桜高原麦酒のさくらボックとサンクトガーレンのチョコレートスタウトは!私にとっての世界二大”うまい”ビールです。思い出すだけで飲みたくなります。毎年の風物詩として来年も購入するつもりです。その後、たまたま河口湖に行く用事があり、3本ゲット。ちょっと頂戴」と!半分も飲みました。謳い文句通り、麦芽の香りもよくしっかりしたビールです。グラスに注いだ後に泡へ鼻を近づけると、鼻腔に広がる旨さを予感させる香り。 さくらボックは!アルコール度は高いのですが!強い麦芽の香りと!甘く芳醇な余韻が感じられ!非常にバランスのいい味に仕上がっていると思います。ふわっとほんのり甘い…ような…そんな香り。それが飲めるようになった!とどめを刺されたのが富士桜高原麦酒でした。今年も飲むことが出来て嬉しいです。二倍のモルトを使う事によるボディ感と適度な甘み。美味しいです。父は昨年!大病を患ってしまい!それ以来ほとんど飲酒しなくなりましたが!そんな父も「去年も注文した美味しかったビールだ。赤身のお肉とかでもいいかも…シンプルに調理してもらって。思わず3本立て続けに飲んでしまうところでした。こっくりとした味わい深さは今年も変わりませんでした。とっても美味しいそうです。いやー久しぶりに美味しいビールを堪能しました。開栓は友人を呼んだちょっとしたホームパーティー(要するに宴会)までとっておきました。うるさくないけど、個性はしっかり。もう少し安いと手が出し易いんだけど。黒々とした濃厚な色からは想像できない感じのまろやかであってしっかりした味わいのビールです。これは富士桜ならではの!飲む人を思いやったコクだわ!と!やはり誰よりも堪能している自分がいるのでした。富士桜高原ビールは2回目の購入です。…我が家だけでしょうか。黒ビールって重いからチョットなぁ…と言う人にもありきたりの黒は飽きた〜って人にもどちらでも楽しめる味わいだと思います。独特のフレーバーで初めて飲む感じのするビールでとてもおいしかったです。今年も買ってしまいました。ピルス!ヴァイツェン!ラオホとすっかり魅せられてましたが!初めてのさくらボックで!到着が待ち遠しかったです。アルコール度数がちょっと高めだったので、味も比例して強いのかも?とちょっとだけ不安だったんですが、飲んでみたらそんな不安はあっという間に吹き飛びました。通年販売の三種類も各々個性があって美味しいです。新しいものと!暫く置いたもので味が違うそうなので!我慢して育てるそうです笑 さくらボック(ドッペルボック)は!別名「修道士のビール」として断食の時期に愛飲されていたそうで!断食中の修道士達にとっては!「液体のパン」と言われていたそうです。味わいも深いし!後味もすっきり。最近ボックとかデュンケルタイプに凝っていて、このビールは如何かな?と思い興味本位で購入しました。Bock bierにありがちな雑味感!ネガティブを葬り去った日本が醸すドイツビア。早く桜の下で飲みたいです。アルコール度数が高いので飲みすぎ注意♪今回うちでは!熟成したチーズにあわせましたがケンカすることもなく!程よく仲良しに味わわせてもらいました。また!来年飲めるのを楽しみに待つことにします。とっても美味しいし、飲むと嬉しくなるビールです!。味もしっかりした飲み応えのあります。癖になる上に!強烈に記憶に残る味でした。